アメリカで50年の歴史をもつ格付け機関が生み出した格付けシステムを使った 月刊Weiss Ratings

※商品はデジタルコンテンツです

50年続く投資会社が発行する投資月刊誌「月刊Weiss Ratings」が目指すのはただ一つ。それは、、、


データに基づき、どんな相場環境であっても
あなたが狙った成果を出し続けること

です。

資金状況や年齢、リスク許容度、投資目的…投資スタンスは一人一人違います。短期〜中期の株価上昇で資産アップを狙う投資家に、ゆっくりと着実な資産アップを狙う高配当投資の情報は必要ないかもしれません。また、毎月数万円の投資を行う投資家に、数百万円の一括投資を前提とした戦略を提供しても、十分に活用できないでしょう。

Weiss Ratingsでは、データサイエンティスト、数学者、投資アナリストがチームを組み、2万銘柄以上ある米国株、3000種類以上あるETF、無数の経済指標を日々分析しています。そんなWeiss Ratingsの分析をもとにあなただけの資産形成をサポートするためにWeiss Ratings Japanが発行しているのが「月刊Weiss Ratings」です。

※画像は分析サイトであり、今回の提供物ではありません。
※画像にある格付け評価は過去のものであり、現在の評価ではありません

あなたは配当重視の投資家でしょうか?株価上昇で大きな資産アップを狙う投資家でしょうか?老後の資産を安全に運用したい投資家でしょうか?毎月の給料から少しずつ資産形成を進める投資家でしょうか?

いずれであっても、「月刊Weiss Ratings」があなたの投資判断に役立つと考えています。その理由は…

資金状況、年齢、投資目的…
異なる投資スタンスに対応する
2段階のポートフォリオ

があるからです。その2種類のポートフォリオとは…

[ポートフォリオ1]
「攻め」と「守り」から
どんな相場でも安全に資産を増やす
セーフロジックポートフォリオ

本商品はデジタルコンテンツ(PDF)です

1つ目のポートフォリオは、どんな相場環境でも安定したリターンを狙う「セーフロジックポートフォリオ」です。投資スタンスはさまざまだと言いましたが、相場に振り回されたい投資家はいないでしょう。「上昇相場はもちろん、下落相場でも安定したリターンを狙いたい」というのはどんな投資家にも共通する目的だと思います。

なぜセーフロジックポートフォリオが相場環境に左右されず、安定したリターンが狙えるのか。そこには2つの理由があります。

5段階の選別プロセスを通過したごく一部の銘柄を中心に運用

セーフロジックポートフォリオでは、5段階の選別プロセスを通過したごく一部の銘柄を中心に運用します。この選別プロセスには、格付け評価はもちろん、配当やテクニカル指標に関する基準があります。各銘柄、金融・経済に関わる無数のデータを集め分析するWeiss Ratingsだからこそ実現できた“セーフロジック”です。

この選別プロセスには数えて47年の歴史があり、ある時は全米国株の中で3銘柄しかなかったほど厳しく、洗練されています。

資金管理・銘柄情報・出口戦略投資判断に必要な“全て”を提供

もしかしたらあなたは「上がる株を見つけたら資産が増える」と思っているかもしれません。しかしそれでは不十分です。投資で資産を増やすには、良い投資先を見つけること(銘柄選定)は当然として、リスクをコントロールするための資金管理や銘柄分散、そして利益を確定させる「出口戦略」が必要です。

そこで、セーフロジックポートフォリオには、具体的な銘柄名に加えて、ポジション管理(資産全体のうち何%を投資すべきか)も書かれています。もちろん、売却すべきタイミングがきたら売却推奨を行います。

つまり、資金管理・銘柄情報・出口戦略など投資に必要なことが全て、セーフロジックポートフォリオの中に書かれているということです。あなたはセーフロジックポートフォリオの“今月のとるべき行動”を見るだけで、アメリカで47年続いてきた「相場環境に左右されず、安定したリターンが狙える」という投資戦略を実践できるということです。(最終的な投資判断はご自身で行ってください)

月刊Weiss Ratingsは、もともとこの1つ目のポートフォリオだけで提供されていました。Weiss Ratingsの格付けを軸に「安全に資産を増やす」ことを目指した伝統のポートフォリオです。

もちろんこのポートフォリオだけで運用しても十分なリターンが狙えますが、「もっと投資リターンを追加したい!」あるいは、「もっと安全性を引き上げたい!」「もっと配当収入を増やしたい!」等、あなたの資産状況や性格、年齢にあった運用ができるよう、成長・配当・安全性などにフォーカスした銘柄リストを用意しました。

これが月刊Weiss Ratingsにある、2つ目のポートフォリオです。

47年続く伝統のポートフォリオを、あなただけの投資スタンスに合わせてパワーアップさせましょう。

[ポートフォリオ2]
伝統の投資戦略を
”あなただけ”の戦略にパワーアップする
カスタマイズポートフォリオ

本商品はデジタルコンテンツ(PDF)です

すでにお伝えしたように、投資スタンスは資金状況、リスク許容度、投資目的などによって一人一人違います。どう投資するかは人生設計そのもの。あなただけに合う方法でないと、長く続け、狙った成果を得ることは難しいでしょう。

そこで、Weiss Ratingsが50周年を迎えた2022年、新しく生み出されたのが「カスタマイズポートフォリオ」です。セーフロジックポートフォリオと同じく、無数の銘柄を日々評価するWeiss Ratingsだからこそ実現できました。

このポートフォリオを正しく理解し、活用するだけで、あなただけの資産形成を実践できると考えています。そんな「カスタマイズポートフォリオ」の中身は…

役割別に厳選された5種類の銘柄リスト

「カスタマイズポートフォリオ」は特定の投資目的や役割によって厳選された、5種類の銘柄リストからなります。それぞれ、

  1. 王道の長期投資は「最高格付け銘柄リスト」

    “今投資すべき銘柄ランキング上位0.1%”から厳選。シンプルに強い株に投資してミドルリスク・ハイリターンを狙う5銘柄
  2. 市場の波に乗る「ホットセクターリスト」

    今、市場で最も注目される業界(セクター)から厳選。市場のトレンドに乗って数ヶ月で資産アップを狙う5銘柄
  3. 低リスク運用を目指す「高配当/安全資産リスト」

    配当を重視した高配当銘柄、債券や金など安全性の高い銘柄から厳選。相場全体が下落する中でもリスクを下げ、安定したリターンを狙う5銘柄
  4. 「ベストバリューリスト」

    高評価銘柄なのに、割安で放置された銘柄を厳選。適正価格に戻るまでの中長期で資産アップを狙う5銘柄
  5. 絶対投資してはいけない「最低格付けリスト」

    力強く成長する米国株、、、しかし実は7割程度が「今投資すべきではない」危険な銘柄だった。資産を失わないために避けるべき5銘柄

各リストはWeiss Ratingsのデータをもとに、数種類の選別プロセスを通過して厳選した銘柄を、アナリストが追加分析して選んでいます。Weiss Ratingsは1つの銘柄に対して6000種類以上のデータを集め、財務状況や事業の成長性、配当、リスク・リターンなど投資判断に欠かせないさまざまな要素を評価しています。そのため、選別プロセスを作り替えることで、さまざまな目的に対応することができるのです。

あなたならどの銘柄リストをポートフォリオに加えますか?

短〜中期で株価上昇を狙う「ホットセクターリスト」や「ベストバリューリスト」でしょうか?それともリスクを重視し、安定した“収入”を狙う「高配当/安全資産リスト」から選びますか?

もちろん、各銘柄リストはただ銘柄名が載っているだけではありません。アナリストによる解説が付いており、銘柄リストの中でも特に注目すべき銘柄は?なぜ今この銘柄が選ばれたのか?などを理解して選ぶことができます。

「この2つだけで十分…」「ちょっと難しそう…」そう感じたかもしれませんが、あなたが受け取るものはもう一つあります。それは、、、

迷ったらこの1銘柄だけに投資する今月のBest 1 Stock

本商品はデジタルコンテンツ(PDF)です

「月刊Weiss Ratings」には、相場解説、2つのポートフォリオの解説やアップデート情報、推奨など、非常にたくさんの情報があります。なので「今月はどれに投資しようか…」「今自分が一番投資すべき銘柄はどれだろう?」と迷うこともあるでしょう。実際、数々のイノベーション企業、歴史ある安定した大企業、グローバル企業が存在する米国株には、異なる魅力を持つ投資先が数多くあります。「月刊Weiss Ratings」ではそうした銘柄をたくさん紹介するので、目移りして選べない…ということもあるでしょう。

そこで、Weiss Ratingsのアナリストが「今月1銘柄だけ投資するなら、この銘柄にする」と認めた、長期・短期投資いずれでも活用できる“強い1銘柄”を紹介する「Best 1 Stock」を用意しました。2万銘柄以上ある米国株を全て精査して選び抜かれた、唯一の銘柄です。

すでにお伝えしたように、Weiss Ratingsの格付けは成長性や財務状況、配当、リスク・リターンなどさまざまな要素から評価を行なっています。さらには、市場全体のトレンドや経済指標なども分析しています。そうした無数のデータとアナリストの分析から「たとえあなたがどんなタイプの投資家であってもこの銘柄には投資すべきだ」そう判断できる銘柄を選び抜きました。(最終的な投資判断はご自身で行ってください)

「今月何に投資しようか選べない」「資金的に少しの銘柄しか買えない」そんな時にはぜひ「Best 1 Stock」を優先して検討してください。

さて、

・どんな相場でも安全に資産を増やすことを目的に
 47年続く伝統のセーフロジックポートフォリオ

・あなただけの目的に合わせて資産形成を
 パワーアップさせるカスタマイズポートフォリオ

・2万銘柄以上からWeiss Ratingsのアナリストが
 「今月1銘柄だけ投資するならコレ」
 と認めた唯一の「Best 1 Stock」

Weiss Ratingsが持つ膨大なデータに基づいた投資戦略が毎月届く「月刊Weiss Ratings」にはどれだけの価値があるでしょうか?

あなたはただ銘柄情報を手に入れるだけではありません。実績ある日米それぞれのアナリストによる分析は、株式市場や、政治・経済、各銘柄への理解を深め、「今何に投資すべきか・売却すべきか」を納得して取り組むことができます。

そんな月刊Weiss Ratingsの購読料は、1年間で9,800円(税込10,780円)です。1ヶ月あたりたったの900円ほどでご購読いただけます。

一般的な投資雑誌とほとんど同じ価格で、アメリカで47年続く投資情報と、それをパワーアップさせるための情報、さらに日米のアナリストによる分析・解説が継続的に手に入るなら、かなり安い投資だと思いませんか?

さらに、あなたが安心して資産形成に役立てられるよう、合わせてお届けしたいものがあります。

[特典動画講座]月刊Weiss Ratingsスタートガイド

本商品はデジタルコンテンツです

今回、月刊Weiss Ratingsを購読いただくと、特典として全4回の動画講座もおつけします。この動画講座では、月刊Weiss Ratingsのより詳細な活用方法、投資する上で知っておくべきこと、金融先進国アメリカで頼られ続けた投資戦略について学んでいただくことができます。

月刊Weiss Ratingsは具体的な売買の推奨や銘柄リストが載っているので、動画講座をすぐに始めることができます。しかし、投資で大切なことは推奨や銘柄名ではなく、その裏にある戦略・考え方です。「月刊Weiss Ratingsとはどういう戦略なのか?」「どのように自分の資産形成に活用すればいいのか?」などを理解することで、長期的に取り組んでいただけると思います。

[セットレポート]月刊Weiss Ratingsバックナンバー

本商品はデジタルコンテンツ(PDF)です

雑誌の定期購読などに申し込んでも、過去のバックナンバーが見れることはほとんどないでしょう。しかし、月刊Weiss Ratingsを購読いただくと、前身である「セーフマネーレポート」として発行されていた頃から、日本語で提供されてから全てのバックナンバーをご覧いただけます。

例えばコロナショックの際、プロのアナリストがどのように市場を分析し、どのような戦略で、実際に何に投資していたのか、何を売却していたのかなどを知ることもできます。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」ということわざがあるように、あなたが投資家としてレベルアップするために、ぜひバックナンバーを役立ててください。

[セットレポート]「Rating Investor Start Guide|格付け投資スタートガイド」

本商品はデジタルコンテンツ(PDF)です

月刊Weiss Ratingsは、50年の歴史を持つWeiss Ratingsが何十年もかけて研鑽し続けた「格付け」を元に、安全に、かつ自身の投資スタンスに合わせて柔軟な資産形成を行うための投資月刊誌です。月刊Weiss Ratingsを十分活用するには、格付けを正しく理解することが欠かせません。

そこで、月刊Weiss Ratingsを購読いただいた方へ、通常4,980円(税込5,478円)の特別レポート「Rating Investor Start Guide|格付け投資スタートガイド」もセットでお届けします。

※商品はデジタルコンテンツです

2032年までで年率37.66%と、驚異的な成長率が予測される「AI医療革命」

我々はWeiss Ratingsの格付けシステムを駆使し、様々な分野の専門家と協議することで、AI医療革命の中核を担うであろう3つの銘柄を特定しました。

1つは、4億5000万人分もの医療データを収集、解析し、数々のスタートアップと協力してAI医療革命の最前線で医薬品開発を進めるAI創薬企業。AIスタートアップへの出資を進めるこの企業は、AIブームにおけるマイクロソフトのような存在になると考えています。

2つ目は、宇宙で知られるほぼ全てのタンパク質構造を解析し、あらゆる医薬品開発の土台になるであろうシステムを提供するAIビッグテック企業。同社のシステムによって、地球上に存在するあらゆる病気に対して効果的な医薬品を開発することができるようになるかもしれません。

3つ目は、累計1400万件以上の実績を誇り、AIの学習に欠かすことのできない大量のデータを持ち合わせ、AIの得意分野、画像認識を存分に活用するAI医療機器企業。この機器によって医師不足、医師のスキル不足を補い、より多くの人々に十分な医療を届けられるようになるかもしれません。

今日、あなたが手に入れる「AI医療革命~40億人の命を救う可能性を持つ3銘柄~」は、AI医療革命の全貌と、この3銘柄の詳細な分析、具体的な投資方法、投資戦略をまとめた特別レポートです。

あなたがAIブームより大きなAI医療革命に乗って資産アップを狙うために必要だと考える全ての情報を盛り込んだので、安心して投資判断にご活用していただけると思います。

(最終的な投資判断はご自身でお願いいたします)

※商品はデジタルコンテンツです

Weiss Ratings創業者のマーティン・ワイス氏が、日本の投資家向けに“安全に資産を守りながら、増やす”をコンセプトに新たに作った「1万ドルポートフォリオ」

1万ドルポートフォリオの土台となっているのは、金融先進国アメリカで47年続くセーフロジックポートフォリオです。このセーフロジックというのは、安全性を重視した基準で、“どんな相場環境であっても安全に資産を守る”ことを目的としています。そんな安全性を重視するセーフロジックに、成長性も加えたのが、1万ドルポートフォリオです。

1万ドルポートフォリオでは株式以外にも、債券やコモディティ、不動産の様々なアセットクラスからポートフォリオ全体の安全性、そして成長性を確保するための銘柄を厳選しています。ただ、債券やコモディティ、不動産に投資するといっても、ETFなどの銘柄から選んでいるので、証券口座から簡単に購入することができます。

特別レポート「1万ドルポートフォリオ~金融業界50年以上の経験を持つ男の日本特化型ポートフォリオ戦略~」は、1万ドルで完成できるポートフォリオのアセットバランス、それぞれのアセットクラスから厳選された銘柄とその詳細な分析、購入すべき株数、そして投資戦略をまとめています。

株式市場が良い時も、悪い時も、安定した配当収入を与えてくれる銘柄を中心に構成されている1万ドルポートフォリオは、あなたの資産形成を一段と安全で成長性のあるものにしてくれると我々は考えています。

ご購読者様からのご感想

まだ売っていないので確定ではないが、
9割以上の銘柄は黒字の状況です。

※画像はイメージです
pazyo様
60代

これからは米国株への投資が必要と思っていましたが、いったいどの株を買えば良いのか、頼りになるのは米国株四季報のみで、悩んでいたところ、こちらの記事を読むようになり、どの株が買い時か、またその株のきめ細やかな情報まで網羅されていて、米国株の知識が少しずつ増えて来ています。また、上がることだけを伝えるのではなく、損失も素直に書いてあったりするところは信用がおけます。100%予想が当たることはあり得ないので、株の下落の可能性もきちんと説明してくれるところは良いことだと思います。

売却推奨が役に立っています

※画像はイメージです
mashot.様
80代

長期保有を基本として、短期的なアップダウンには拘らず、なるべくRatingの高い銘柄を選んでいます。売却推奨が役に立っています。

Best1をいくつか保有していますが着実に上昇ラインを描いているのを見ると心強いです。

格付が明確なので、
安心して長期投資の戦略が立てられる

※画像はイメージです
ヒデヨシ様
60代

(月刊Weiss Ratingsを実践して資産が増えたのは)50万円〜100万円。タイムリーな投資資産のブームがわかる。格付が明確なので、安心して長期投資の戦略が立てられる。

2022年の米国株暴落の時期に、推奨していただいた株はマイナスにならなかった。

長期で持ちたい米国株購入に役立ってます

※画像はイメージです
N.Y.様
40代

長期で持ちたい米国株購入に役立ってます。各銘柄ごとに損益にばらつきはありますがトータルで見ると年率5%前後で利益が出てます。もちろん、利益は再投資してます。

相場下落時や含み損を抱えている時に持ち続ける、買い増しすることができるようになった。

1,000円/月未満で手に入れ続けることが
できていることに価値を感じています

※画像はイメージです
キャノPEI様
40代

推奨銘柄をコツコツ買っていますが、推奨銘柄1がプラス300%超えなど順調に推移しています。ですが、それ以上に投資に対する考え方や現在の経済状況を解説してくれている記事を1,000円/月未満で手に入れ続けることができていることに価値を感じています。

値が落ちた株しか買えなかったのが伸びてる途中で買えるようになった。読んでなかったら推奨銘柄2などテクノロジー株を買えていなかった。

pazyo様
60代
株式投資歴:5年
月刊Weiss Ratingsについて
購読歴:1~3ヶ月
実践歴:1~3ヶ月
取引投資額:200~500万円
mashot.様
80代
株式投資歴:3年
月刊Weiss Ratingsについて
購読歴:1年以上
実践歴:1年以上
取引投資額:2000~5000万円
ヒデヨシ様
60代
株式投資歴:20年
月刊Weiss Ratingsについて
購読歴:1年以上
実践歴:1年以上
取引投資額:200~500万円
N.Y.様
40代
株式投資歴:5年
月刊Weiss Ratingsについて
購読歴:1年以上
実践歴:1年以上
取引投資額:100~200万円
キャノPEI様
40代
株式投資歴:9ヶ月
月刊Weiss Ratingsについて
購読歴:半年〜1年
実践歴:半年〜1年
取引投資額:100〜200万円
※お客様の感想をそのままご紹介しており、内容の正確性や成果を保証するものではありません。
アンケート対象者数月刊Weiss Ratingsライフタイム購読者2539名
(2024年4月30日時点)
有効回答数43名
選考基準月刊Weiss Ratings ライフタイム購読者へのアンケートにご回答してくださった方から弊社が任意で選出

月刊Weiss Ratings購読者1万人を突破

日本で購読者1万人を達成

月刊Weiss Ratingsの年間購読をご購読いただいているお客様は、先日1万人を超えました※。同じ投資戦略に取り組む仲間が日本全国に1万人以上いるということです。あなただけではありませんので、ぜひ安心してご購読ください。(※2024/5/8時点)

専用の動画講座や過去のバックナンバーがあるというだけで、他の投資情報誌と一線を画していると思いますが、さらに、、、

1ヶ月間の返金保証
全てを見た後で購読するか決めてください

月刊Weiss Ratingsには1ヶ月間の返金保証がついています。つまりあなたは、動画講座で戦略や投資方法を学び、最新号はもちろん過去のレポートを見て実績を確認し、月刊Weiss Ratingsの全てを理解した後で、購読し続けるか決めることができます。

もし「自分に役立つ戦略だと思えなかった」という場合、購入日から1ヶ月以内にキャンセルのメールをください。理由に関わらず、メール1本いただければ全額返金いたします。

つまり、今日購読を申し込むにあたって、金銭的なリスクは一切ありません。

50年の歴史を持つWeiss Ratingsが研鑽してきた格付けシステムに基づいた2つのポートフォリオ、日米アナリストによる市場・銘柄分析と具体的な投資アクション、それらを理解し資産形成に役立てるための動画講座とバックナンバー…

これらをお届けする月刊Weiss Ratingsを1ヶ月間、金銭的なリスクゼロで受け取ることができます。

本商品は購入日より2年目以降、毎年9800円(税込10,780円)がかかる年間購読商品であり、解約のお申し出がない限り翌年以降は自動更新となります。
また、本商品には購入日から起算して1ヶ月間の返金保証がついています。本日9,800円(税込10,780円)が課金されますが、1ヶ月以内にマイページ上で解約、もしくは弊社カスタマーサポートまでご連絡いただくことで、返金対応をさせていただきます。
解約方法についてはこちらからご覧ください。

いかがでしょうか?今、年間9,800円(税込10,780円)の「月刊Weiss Ratings」を1ヶ月返金保証付きで購読いただくと


・どんな相場でも安全に資産を増やすことを目的に
 47年続く伝統のセーフロジックポートフォリオ

・あなただけの目的に合わせて資産形成を
 パワーアップさせるカスタマイズポートフォリオ

・2銘柄以上からWeiss Ratingsのアナリストが
 「今月1銘柄だけ投資するならコレ」
 と認めた唯一の「Best 1 Stock」

この3つが毎月届く「月刊Weiss Ratings」に加えて



・戦略を理解し高い投資リテラシーを手に入れるための
 [特典動画講座]月刊Weiss Ratingsスタートガイド

・過去に学び実績や戦略を振り返ることができる
 [セットレポート]全バックナンバー

・格付けを資産形成の武器にする
(セットレポート)格付け投資スタートガイド

・Weiss Ratings創業者が日本の投資家向けに
新たに作ったポートフォリオをまとめた特別レポート
「1万ドルポートフォリオ
 ~金融業界50年以上の経験を持つ男の日本特化型ポートフォリオ戦略~」

これら全てを手に入れることができます。

あなたはこれら全てを見た上で、購読し続けるかどうかを決めることができます。少しでもアメリカで歴史と実績ある投資格付け機関Weiss Ratingsが提供する投資戦略に興味を持っていただけたのであれば、ぜひ下記から購読してください。

本商品は購入日より2年目以降、毎年9800円(税込10,780円)がかかる年間購読商品であり、解約のお申し出がない限り翌年以降は自動更新となります。
また、本商品には購入日から起算して1ヶ月間の返金保証がついています。本日9,800円(税込10,780円)が課金されますが、1ヶ月以内にマイページ上で解約、もしくは弊社カスタマーサポートまでご連絡いただくことで、返金対応をさせていただきます。解約された場合、「月刊Weiss Ratings」のすべてのコンテンツが視聴できなくなります。
解約方法についてはこちらからご覧ください。